シール貼り

子どもは、シール貼りが好きですよね。

 

シール貼りは、手先を器用にする、形や色の認識を育てる、想像力を育てる、集中力を身につける、達成感を味わい、意欲を育てるということを目的として行います。

 

 

 


①台紙を見て、どこに何枚貼るのか、何色のシールを貼るか判断する

②シールをはがす

③シール台紙の枠にぴったり貼る

 

この同じ動作を繰り返すことで、目からの情報と、末端神経である指先の連動を何度も行うことができます。

絵柄シールもありますが、特に〇シールをよく使っています。

枠に貼ることで達成感を味わい、小さな成功体験を重ねることで自分への信頼が高まり、自己肯定感が生まれます。

 

 

どんな絵にシールを貼ってもらうか考えるのが楽しいです!